news

2020年04月24日

アイスホッケー女子日本代表が2022北京五輪出場権を獲得しました

 デンソー北海道所属 藤本那菜さんが選出されているアイスホッケー女子日本代表(スマイルジャパン)が、2022北京五輪出場権を獲得しました。

 昨今のコロナウイルスの影響により世界選手権は開催中止となったものの、大会規定に従ってポイントが付与され、これにより女子日本代表は世界

ランキング6位のまま、3大会連続のオリンピック出場が決定しました。

 

<藤本選手コメント>

 いつも温かい応援ありがとうございます。

 色々と大変な状況下ですが、2022北京五輪の出場権を獲得できて嬉しく思います。

 冬季競技では第1号、日本アイスホッケー界にとっては最終予選無しでの五輪出場権獲得は初となります。

 2014年ソチ(ロシア)、2018年平昌(韓国)に続く3大会連続出場となりますので、今度こそ念願のメダル獲得を目指し、更に練習に励みたいと思います。

 コロナ渦で様々な自粛や活動制限など、決して楽観視できるものではありませんが、少しでも明るい話題をお知らせできたのであれば幸いです。

 一日も早い収束と皆さんが安心して過ごせる環境が戻ることを祈っています。

 

                                               ⒸFBK  

 

→ NEWS一覧へ戻る